ブログ“Pseudoinquisitor”では作者の小さな冒険談を扱いますが、こちらでは冒険のための技術・装備研究を行う予定です。

ワークマンのハーフジップシャツ

2020.06.02 Tuesday : 雨具・衣類・靴 : comments(0) : -

勤務先が川崎市になったら、職人御用達の店をたくさん見かけるようになった。
そこで、最近流行りのワークマンを覗いてみた。

今年の春も、世田谷のワークマンに行ってみたことがある。
あのときは、冬用に使えるトレッキングパンツ「もどき」を探しに行ったのだが、カーゴパンツ風だったり、太めだったりして諦めたことがある。
今回は、ただ単にノゾキに行ったつもりだったのだが、いいものをみつけた。

長袖ハーフZipシャツ

なんと1枚1,500円

山に行かないときは、パジャマ代わりになっているので、何枚あってもいい。

Sサイズが155cm〜165cm
Mサイズが160cm〜170cm
Lサイズは・・・見てくるの忘れた。

私は168cmなのでMサイズ相当のはずだが、合わせてみたところ大きめな感じがする。
小さすぎたら娘に着せれば良いやと「Sサイズ」を購入してきた。

自宅に帰って着てみると、案の定Sサイズでぴったり・・・

とくに登山においては、ヒラヒラして汗びえしないためにも、密着したサイズが良いだろう。

作りは、市販の有名メーカーと遜色ない。

しかし、さすがにSサイズのためか、丈は短め。
いや、胴長のせいなのか・・・?
こいつを購入するなら、現役のシャツを持参して、サイズを合わせてみるのをお薦めする。

JUGEMテーマ:アウトドア用

  1/364PAGES  >>
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
▲TOP
ARCHIVES
LINKS
OTHER
RECENT COMMENT
RECOMMEND!!!

大西洋漂流76日間 (ハヤカワ文庫NF)
スティーヴン キャラハン 冒険手帳―火のおこし方から、イカダの組み方まで (知恵の森文庫)
谷口 尚規,石川 球太 私は魔境に生きた―終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年 (光人社NF文庫)
島田 覚夫