ブログ“Pseudoinquisitor”では作者の小さな冒険談を扱いますが、こちらでは冒険のための技術・装備研究を行う予定です。

石鹸

2018.10.19 Friday : その他 : comments(0) : -

昨年の今頃、ガス給湯器が壊れて、娘と一緒に風呂屋に通った。

  1. ボディソープとシャンプー、リンスのセット
  2. Sea to Summitのトレッキングタオル
  3. 垢擦り用手ぬぐい

を用意してやったのだが

「お父さん、垢擦りタオルなんて使っている女性、今まで見たことないよ・・・」
へっそうなのか
手ぬぐいでゴシゴシ洗うのは男だけだったのか・・・!

洗髪には、リンス・イン・シャンプーなんてもってのほか。
ボディソープとかもお気に入りのものがあるのだろう。

大学の帰りに銭湯に寄ることがある。
日帰り温泉には洗剤関係は用意されている。
銭湯にはないので、自分で用意することになる。

私だったら、石鹸とリンス・イン・シャンプーだけでいい。
父は頭も石鹸だったな。
だけど、石鹸で洗うとゴワゴワしちゃうんだよな。
ということは、石鹸+リンスのセットでいいか?
無添加の石鹸なら、鍋も洗えるし洗濯もできる

しかし、使用後の濡れた石鹸を仕舞うのが難しい。
まあ、ビニール袋に入れればいいんだけどね・・・

だから、チューブ入りの石鹸って無いものなのか探してみた。

結果的にはない・・・

香料入りの高いやつとか洗顔フォームはある。
いずれも普段使いにしては高い・・・

固形石鹸というやつ、100均なら100円で3個も買える。

なんか入れやすくて取り出しやすい、
しかも石鹸の体積に合わせて小さくなるような容器ないですかね?

  1/275PAGES  >>
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
▲TOP
ARCHIVES
LINKS
OTHER
RECENT COMMENT
RECOMMEND!!!

大西洋漂流76日間 (ハヤカワ文庫NF)
スティーヴン キャラハン 冒険手帳―火のおこし方から、イカダの組み方まで (知恵の森文庫)
谷口 尚規,石川 球太 私は魔境に生きた―終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年 (光人社NF文庫)
島田 覚夫