ブログ“Pseudoinquisitor”では作者の小さな冒険談を扱いますが、こちらでは冒険のための技術・装備研究を行う予定です。
<< 100均キャンプに向けて蚊帳を作る | main | 吝嗇というか倹約家というか・・・ >>

100均で本格的キャンプ

2018.06.14 Thursday : 野営装備 : comments(0) : -

やって来ました若洲キャンプ場

今回のテーマは「100均で本格的キャンプ

何回か買い出しに行って用意した100均グッズ。コレ以外にもある。

こちらは、設営グループ

まずはシャワーカーテンで作ったタープを張る

広げて

突っ張り棒を工作したポールの長さを指標としてでペグを打つ

100均中、最も頑丈なスチールペグ

立ち上げ

ようやく、自立した。

四隅のスカートも黃混ロープとやらで作った張り綱で固定していく

タープ完成。

続いて、寝どころとなるシェルターも張る。

これもシャワーカーテンを貼りあわせたもの

後ろ2箇所を留めて

ポールを立ち上げる。

こちらのポールは突っ張り棒そのもの。

前2つも留めて

一応、形にはなった。

今回は、この組み合わせで行くことにしょう。

友人曰く、この前室は何に使うんですか?

もちろん、飾りに決まっているじゃないか。

不識布シートを縫った蚊帳も用意する

おもちゃ売り場にあったスーパーボールを利用して

アルミの針金で留めた。

これで住居は完成した。

銀マットの上に乗っているのは、ヨガマット

低反発で、つるつるしないし非常に良いのだが、如何せん重い。

掛け布団カバーで自作したシュラフは使えたけれど、予行と同様、摩擦抵抗がありすぎて潜りこむのに苦労した。

さて昼食である。

こちらは、炊事グループ

を熾すのにはまだちょっと早いので固形燃料で行く

これは、味噌漉し器である。

昼食はドライカレー。ダイソーではこんなものまで売っている。

夕方になってきたので、炭を熾す。

だいぶ前にステンレストレーを組み合わせて完成させたウッドストーブ

使うのは今回が初めて

ダイソーに売っていた着火剤

豆連炭みたいだが、

有毒ガスでも出てるんじゃないかというほど火を噴く

フライパンも当然、100均である。

翌日の朝

ほとんど完全に燃焼していた。

食料品グループ

主食はこちら

サトウのごはんオイルサーディン鰹節醤油で作った「オイルサーディン丼」は好評だった。

重要なアルコール類は残念ながら100均にはないよな。

その他、ズボンを除いてYシャツブリーフTシャツ靴下という衣類すらも100均で揃えてみた。
90%以上は揃えることが出来たのではないかと思う。
100均で揃えられなかったものは、大型ザックとテントポールのジョイントに使ったパーツぐらいのもの。

ただし、なにしろ軽量化や小型化など一顧だにされていないわけで、運搬はしんどかった。

友人たちの反応

友人A: 既にいいもの持っているのに、なんでわざわざ100均で買いますかね。
友人B: 面白いですね。だけど私はやらないでしょうね。
友人C: キャンプに呼んでくれてありがとう。100均グッズはともかく・・・

今回のキャンプで、一番お金がかかったのがこちら

おまえのホテル代高いなあ。

JUGEMテーマ:アウトドア用品

スポンサーサイト

2018.09.25 Tuesday : - : - : -
コメント
コメントする









  /PAGES  
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
▲TOP
ARCHIVES
LINKS
OTHER
RECENT COMMENT
RECOMMEND!!!

大西洋漂流76日間 (ハヤカワ文庫NF)
スティーヴン キャラハン 冒険手帳―火のおこし方から、イカダの組み方まで (知恵の森文庫)
谷口 尚規,石川 球太 私は魔境に生きた―終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年 (光人社NF文庫)
島田 覚夫