ブログ“Pseudoinquisitor”では作者の小さな冒険談を扱いますが、こちらでは冒険のための技術・装備研究を行う予定です。
<< 夜間救急・・・但し犬の話 | main | P6RのRebuilt,フレームの組み立て >>

Brompton P6RをRebuiltする

2019.01.25 Friday : ブロンプトン : comments(0) : -

購入時は、2008年型のP6R-X でした。

そんなに手を入れるつもりはなかったのですが、年々重さに耐えかねて、だんだん軽量化および簡素化に努めた結果、ほとんどのパーツが交換されてしまいました。

神経質にというかマニアックに交換したわけではなく、重い部分を重点的に交換したつもりだったのですが・・・
メインフレームまで社外品のチタンに換装しちゃったので、フロントフォークリア三角以外は、ほとんど昔のパーツがストックされています。

このフロントフォークとリア三角(それと若干の部品)を入手すればもう一台できてしまいます。

新品を買うと高いし、eBayやらヤフオクを眺めて出物をときどきチェックしていました。

数年かかりました・・・
実働に2台の必要性はありませんので、優先順位が低かったと申しましょうか・・・

工作好きでもあるので組み立てて、飾って愛でることにしようかと思います。
自転車でもキャンピングとかごてごてしたのが好きなので、

原型を復元すれば、購入当初のわくわく感も戻ってくるでしょうか?

JUGEMテーマ:自転車

スポンサーサイト

2020.09.17 Thursday : - : - : -
コメント
コメントする









  /PAGES  
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
▲TOP
ARCHIVES
LINKS
OTHER
RECENT COMMENT
RECOMMEND!!!

大西洋漂流76日間 (ハヤカワ文庫NF)
スティーヴン キャラハン 冒険手帳―火のおこし方から、イカダの組み方まで (知恵の森文庫)
谷口 尚規,石川 球太 私は魔境に生きた―終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年 (光人社NF文庫)
島田 覚夫