ブログ“Pseudoinquisitor”では作者の小さな冒険談を扱いますが、こちらでは冒険のための技術・装備研究を行う予定です。
<< P6RのRebuilt,壊れたパーツの交換 | main | P6RのRebuilt,次から次へと出てくる問題点 >>

P6RのRebuilt,外装変速機新型アンカーの取り付け

2019.01.30 Wednesday : ブロンプトン : comments(0) : -

BROMPTON DR Cable Anchorage (2017-)

新型のアンカーは、ワイヤーをチェーンステイのところで分割したような構造になっています。
連結パーツを置くことによって、ハンドルから延ばしてきたインナーと変速機から延びているワイヤーを、ここで連結しようという設計に変更されました。
おかげで後方からワイヤーを入れて変速レバーで留めるなどというアブノーマルな取り回しをしなくて良くなりました。さらに普通の変速レバーを使うこともできるようになります。

パーツに説明書は付属しておらずWebにも見つけられなかったのでメモとして残しておこうと思います。

変速プレートへの取り付けは、旧型と同じように、長い長いキャップボルトのネジで行う。ここは変わっていません。
一塊となった変速機のフレームへの取り付けは、このあとアンカーの取り付けがあるので、最後にした方がいいかもしれないですね。

アンカーの先端を引っ張ると本体側は鍵のような形状をしています。
鍵の刃を上にしてフレームのワイヤーガードの穴に通します。

心配しなくても鍵の刃は下向きでは通りません。

次いで、このちっこい固定パーツを刃に被せます。

先端が丸くなっている方がフレームワイヤ側だと思う。
当然、切れ込みがあるところを刃に合わせます。

さらにスリーブを被せる。
このカバーには足がついており、そちら側が下だと思ったのだが違いました。

筒入り口が蒲鉾型をしていて、足が上向きでないと挿入できない。

はて

正解は、被せてから180度回す。らしい。

これで外れなくなった。

これでノーマルに、ワイヤーの取り回しができるようになったので、変速レバーも普通のものが使えるようになった。

これは、シマノのターニーだったかな?
安くて軽くてシフトフィールも軽くて良いのですが、さすがに安っぽい。それと角度がどうかと思いますね。

段ボール箱の中を探したら、Paulの左台座とデュラエースのフロント用バーコンという誂えたようなセットがでてきました。

以前、グランテックのためにリアだけ使いましたので、フロント用が一式残っていたわけですね。
いきなり超高級品になってしまいました。

購入時についてたブロンプトン純正、内装変速機のシフターも壊れて(壊して)いました。
ここは順当にスターメアーチャーの3速サムシフターを使います。
「これ硬いんだよなあ・・・一日走ってると指が痛くなってくるんだよなあ・・・」

期せずして左右の形状が揃ったようです。

東急ハンズに行くと、ワイヤー同士を接続するジョイントというものを売っています。

これを使っても同様のことはできるでしょうが(以前に考えないでもなかった・・・)、アウター受けのこととかを考えると、新型アンカーを買ったほうが確実でしょう。

BROMPTON New DR Cable Anchorage setup

JUGEMテーマ:自転車

スポンサーサイト

2020.09.17 Thursday : - : - : -
コメント
コメントする









  /PAGES  
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.
▲TOP
ARCHIVES
LINKS
OTHER
RECENT COMMENT
RECOMMEND!!!

大西洋漂流76日間 (ハヤカワ文庫NF)
スティーヴン キャラハン 冒険手帳―火のおこし方から、イカダの組み方まで (知恵の森文庫)
谷口 尚規,石川 球太 私は魔境に生きた―終戦も知らずニューギニアの山奥で原始生活十年 (光人社NF文庫)
島田 覚夫